所得が低くても購入出来る

部屋

コツを掴んで建てよう

東京って土地が高いので、自分で家を建てるのは難しいと感じる人が多いのですが、ローコスト住宅にすれば、例え収入が少なくても、家を建てる事が出来ます。しかし、どのように建てたらいいのか分からない方が多いと思うので、その方法を押えておきましょう。まず平面外形としてL型や長方形、もしくは正方形にすることがローコスト住宅にするためには大切です。加えて和室を作るのであれば6畳以下にしましょう。階段にも制限を加えることが費用を抑えるコツになります。例えば13段や14段以下に設定するといいでしょう。室内で数や大きさの工夫を行うことで東京内でもローコスト住宅は実現可能なのです。また、照明やコンセントの数といった細かな内装でも、数を少なくすることができます。このような設備機器は最新のグレードのものを使わないようにすれば、過度に費用がかかるのを避けられます。このように外装や内装の費用を少しでも抑える工夫をすることが、東京で持ち家を建てるためには大切なのです。ですが、憧れの自分の家を建てるにあたって、ローコストだけを考えてしまいますと、こだわりが無くなってしまいます。やはり一生涯住み続ける家になりますので、こだわりたい所はこだわって、特にこだわりが無い所は、コストを下げるなど工夫をして、メリハリをつけるようにしましょう。ローコスト住宅にすれば、収入が少ない人でも、東京に家を建てる事が可能です。そのためには、予算をきちんと伝えて、どのようにしてコストを下げていくかというのを、専門家に相談をしましょう。