費用を抑えて家を建てる

模型

家の建築相場

持ち家を得る際に掛かる費用としては大きいのが土地の取得費用と建物の建築費用です。東京であれば、建物よりも土地の方が費用がかかる場合があります。いずれにしても中古にしても新築にしても持ち家を得るためには1000万円以上のお金は必要になります。新築一戸建ての相場としては、全国平均では2500万円前後ですが、東京とその周辺の神奈川では4000万円前後が平均となっており、特に人口が集中する都市圏に近い地域ほどその相場費用は高くなります。ただし、これら相場を押し上げているのは土地の取得費用であり建物については、全国的に見てもそれほど変わりません。土地はディスカウントすることができませんが、一方で建物はローコスト住宅といった方法でディスカウントすることができます。このため費用を抑えたローコスト住宅は東京でもよく見られます。そもそもローコスト住宅とは、無駄を省くことで比較的安い価格で建てられる家のことですが、その種類は千差万別です。ローコスト住宅でも大手の場合には材料を大量に一括で購入することでコストを下げているところもありますし、そもそも建物の構造をシンプルにすることで諸費用を抑えているものもあります。また宣伝広告費を抑えているところもあります。一方でローコスト住宅で注意しなければいけないのが現場の人件費を抑えているところでトラブルの原因になります。いずれにしてもローコスト住宅を建てる際には過去にトラブルがなかったか調べておくことが重要です。もしローコスト住宅を東京で建てるのであれば、出来る限りコストが発生しない建物構造にすることが、失敗しないポイントです。