模型

費用を抑えて家を建てる

東京のような都会で持ち家を持つためには4000万円前後のお金が必要です。この代金の大半は土地の取得代であり、減らしようのないもので、少しでも減らしたい場合にはローコスト住宅という選択肢になります。ローコスト住宅は材料費、人件費、諸経費を減らした建物であり建築コストを下げることができます。

重層長屋やテラスハウス

住宅模型

建築費用が家賃に反映

全国で最も地価が高いとされる東京では、持ち家比率が低めとなっています。つまり多くの人が、土地を購入せずに済む賃貸住宅を住まいにしているということです。とはいえ地価が高い分、賃貸住宅の土地購入や維持には多くの費用がかかります。それが家賃に反映されているため、東京では地価の低い地域と比較すると、賃貸住宅の家賃も高めとなっています。そのため昨今の東京では、より費用負担を少なくするために、ローコスト住宅を借りて住む人が増えています。ローコスト住宅とは、建築費用を通常よりも抑えた住宅です。土地の購入に多くの費用がかかったとしても、建築費用が少なめなら、その分家賃を低めに設定することが可能となります。そのためローコスト住宅なら、東京でも比較的安く借りることができるのです。特に人気があるのは、重層長屋やテラスハウスと呼ばれているローコスト住宅です。複数の住戸が縦横につながることでひとつの建物となっているので、これらには基本的には共用部分がありません。マンションやアパートと異なり、各住戸の玄関が全て1階にあり屋外に面しているため、そこへとつながる共用階段および共用廊下がないのです。不特定多数が利用する共用部分は、頑丈に建築する必要がありますが、それがないということは、その分建築費用をかけずに済むということです。そのため家賃も安く、それでいて共用部分がないためにプライバシーを守りやすいということで、高い人気があるのです。

部屋

所得が低くても購入出来る

ローコスト住宅にすれば、東京でも十分に家を建てる事が可能です。家の形をどうするか、設備をどうするかをきちんと考えて、予算を組むようにしましょう。ですが、自分が一生涯住み続ける家になりますので、こだわりたい所はとことんこだわるという事も重要になるでしょう。

住宅

取り扱いを尋ねてみます

ローコスト住宅を利用する場合には、東京にも取り扱いがあるハウスメーカーなどがありますので、直接尋ねてみる事もできます。ローコスト住宅については、住宅カタログなどで物件を探す事ができますので、サイトなどを利用して情報収集をする方法もあります。